パンフレットで確認可能

ゲーム制作

アニメの専門学校は効率的にアニメーションに関して勉強することができる点が魅力で、学費や入学金が安い学校も数多く存在するので、気軽に入学することができます。通常アニメの専門学校に通う場合には、入学金と毎年の授業料が必要になります。金額は入学金が30万円前後となっており、授業料に関しては年間80万円から100万円程度が相場です。その他に必要になる費用は各種の教材費用や、実習に必要な費用などが加算されることになります。基本的にこれらの金額は細かくパンフレットなどに紹介されているので、複数の専門学校の情報を確認して、比較検討してから良い条件の学校を選びましょう。

実践的な教え方

描く人

アニメーターになるためには様々なスキルが必要になるので、時間をかけて丁寧に技術を習得することが大切です。特にデッサン力や色彩的な能力に関しては、高いスキルが求められるので、しっかりと基礎的な部分から勉強する必要があります。アニメーションの専門学校では、基礎の基礎から丁寧に指導を実施しており、絵の技術を適切なアプローチで向上させてくれます。また単に絵の技術を向上させるだけではなく、プロの現場において求められるスキルを指導してくれるので、プロになってから苦労することがありません。各種の授業を担当しているのは、プロのアニメーターとして活躍してきた講師なので、不必要な技術ではなく実践的な形でスキルを習得させてくれます。

最先端の技術に対応

描く人

世界的に活躍することもできるアニメーションの仕事には、様々な分野が存在しており、勉強するべき内容にも違いがあります。そのためアニメの専門学校に通う場合には、事前に自分が目指すべき仕事を明確にしておくことが必要です。近年ではセルアニメではなくCGのアニメーションの仕事が一般的になってきています。特に海外では3DCGの作品が普及しているので、海外で仕事をする場合には、高度な技術と知識が様々な形で求められています。そのため各種の専門学校では、コンピューターグラフィックスに関連する授業を強化しており、専門的で実践的なカリキュラムを提供中です。コンピューターグラフィックスにおいてアニメを制作する場合には、単に絵の技術を伸ばすだけでなく、様々なアプリケーションの機能を活用することが求められます。そのため時間をかけて丁寧にアプリケーションの使い方を指導しており、プロの現場で活躍できる能力を習得させています。